×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

作成
PCを作成する為のルールを此方で説明しています。
ここでは「ベーシック完訳版」に掲載されているほぼ全ての特徴が使えます。
セッション開始後の特徴の追加は
「柔軟」「両手利き」「カリスマ」「反射神経」「我慢強さ」「職業」「移動力増加」「追加疲労点」「追加HP」「意志の強さ」「鋭敏〜〜」等です。
ただし、記憶能力か下記にあるデータを使用してください。

 上記以外の特徴を追加したい場合はGGM(らいらい)に連絡してもらい協議のうえで報告します。
以上は有利な特徴についてであり、不利な特徴については規定の−40CPまでです
しかし、当然キャラクターの性格作成上の理由で−40CPを超える場合などの場合は問題なしとします
ただし、−40CPを超えた分はCP総計から減算されないものとします
また、有利な特徴と同じく、セッション中になんらかの理由で大きく人生をゆらされ、性格が変化した・・
という理由がまっとうな理由であれば別の不利な特徴に置き換えることはできます。

 ずっと同じ場所に延々と佇まれているのもさすがに怖いですし、キャラクターの性格がいきなり善良から凶悪に変わる・・
などということでないかぎりは相談して合否を決めます。
また、一部の特徴と一部の技能が変更になっています。下記のデータを参照にしてください。

製作に置いての注意事項
 この世界のキャラクターは100CPを消費して作ります、100CP以下でプレイしてみたい方はそれも可能です
100CPのキャラは、普通の人に比べればすでに相当な実力者であることを理解しておいてください。
ただし、これはあくまで普通の人に比べればであり、冒険者と総称されるかたがたから見ればまだまだ駆け出しにすぎないかもしれません
ミュータントの中にはそれよりも弱い種類も存在すれば、たとえ300CPクラスの猛者といえどもそう簡単に倒せない存在もいます
 これはつまり、100CPのキャラクターはよほど注意して動かないと、まず間違いなく死ねます…いや本当に
100CPのキャラクターは「成長して強くなれる可能性をもつ」ものたちですが、当然「その途中で死ぬ可能性をもつ」ものたちでもあります
それを分かった上で無茶をする場合は…死んでも誰もなにもしてあげられません

なお、技能がLv16は熟練者と見ても過言ではありません
製作時に技能Lv16以上は相応の設定、相応の能力値等説得力が必要になります。
また、技能レベル20を取得する為には『名声Lv1/大規模』以上を取得しないといけません。
技能レベル20とは世界でもかなり有名なその技能の使い手と言う事になります。

さらに、CPの総計250CPを超えるならば『名声Lv1/大規模』以上を取得しないといけません。
この総計CPだとどの様な団体でも有能な猛者として換算されてしまうからです。
またCP500の場合は『名声Lv1/常に』となります。


変更された特徴
《記憶力》 5CP/15CP
記憶力はすさまじいものがありますが、それは理解力を助けるものではありません
5CPの場合は、見たものを思い出す知力判定に+5のボーナスがあります。
15CPの場合は、見たものを思い出す知力判定に+10のボーナスがあります。

変更された技能
刀(肉体/難)
日本、古来の武器である刀を使う技能です。
両手で使い軽荷の場合のみ、受け値を2/3と計算します。

マンゴーシュ(肉体/並)
マンゴーシュの技能で攻撃をする場合は、命中修正−4を受けます。

初期所持金額
 最初にキャラクターが持っているのは1000イェンです、装備類はここから全て買うことになります
CPのイェン変換は可能です。1CPを初期財産イェンに変更する事が出来ます。
ただし、キャラクター製作時のみ換金できるとします。

PC作成方法
ステップ1:『4章 種族』から作成する種族を選びます。
ステップ2:『5章 組織』から所属する組織を決めます。組織には加入しなくても問題ありません。
ステップ3:『6章 宗教』から帰依する宗教を決めます。無宗教でも問題はありません
ステップ4:技能などを決めて、通常にキャラを作ります。
ステップ5:所用掲示板に書き込み。シートに間違いないか確認、認証を得て完成となります


亜種族特徴
人類から生まれ出る規格外、人の枠を超えたキャラクターを再現する特徴です。
現在、規定されているのは伝承者のみですが、世界にはさらに上位の亜種もいるようです。

超越種/伝承者−謳われ祀られる者−『超英雄』ラキロ「仮面のヒーローがオレに言った言葉。その言葉で今のオレがあるんだ!]
歴戦の英雄や天才、人智を超えた力を持つもの達のことをさす名称です。
彼らは、ミュータントと言っても差し支えのない能力を持っていることが多いです。
一般的には、伝承者と呼ばれ詳しくは分けると経験により伝承者になるもの
生まれながらに伝承者である者の二種類に分けられます。
前者は継承者、不断の努力と才能により数多の技能を会得し伝説の名を継承したもの
後者は覚醒者、運命の女神に愛され、人類としての規格外。

継承者 10CP(前提条件:300CP以上)
貴方は、不断の努力や数多の経験で人としての規格をはみ出てしまった。
伝承者系技能を覚えることができ、伝承者特徴を一つ取得できるようになる。

覚醒者 100CP(前提条件:PC製作時のみ取得可能)
生まれ持っての天才、規格外の生物
PLが取得しているCPを製作段階で使用してPC作製することが可能
(25CP消費すれば、125CPで作製できる)
伝承者系技能を覚えることができ、伝承者特徴を一つ取得できるようになる。

伝承者系技能
神盾(肉体/並)
ガードの特有技能の肉の盾の上位技能。
同へクスまたは、上下左右1へクスにいる相手を庇う事ができます。
その際に、相手の攻撃の達成値を受けの達成値で勝ってください。
負けてしまっても攻撃目標を自分に切り替えることができます。
貴方の受けや止めの回数が残っている限り、1ターンの間に数度行えます。

神鎧(肉体/難)
被弾するときに、鎧の分厚い所で受け止める攻撃を受け流そうとする技能
防御行動を失敗、放棄したときに判定することができる。
達成値の二分の一(切り上げ)鎧の防護点を上昇させる。

神貫/種別(精神/至難)
物質の全てを知り尽くし、全てを貫く攻撃手法
使用する武器ごとによって別技能として扱う
達成値の二分の一(切捨て)相手の防護点を無視する。
極度の集中力がいる為、一ターンに一度しか行えない

神知/種別(精神/至難)
広く浅く、あらゆる知識の聞き及んでいる。
全ての精神系技能の技能なし値として扱うことができるが
達成値は三分の一(切捨て)とし達成値0は失敗と見なします。
また、失敗度は三倍と見なします。

伝承者特徴

《色のない世界》 100CP
限界まで鍛え上げた肉体を意志の力によりリミッターを解除して
人外の速度を生み出す技術です。
毎ターン1点のダメージを受け行動回数を1回増やします。

《神脚》80CP
風となる脚
その歩みはまさしく風
移動力を+1点、ランニングの効果を1/4に増強する。
また、走ることによる疲労を無視することができる

《神技/種別》30CP
人智を超えた技能
技能ごとに別種の技能として扱う。
致傷値に技能レベル/5を足し、受けを2/3として計算する。
素手の場合は重複する。ただし格闘動作の場合は得意技のみでしか作用しない

《神眼》50CP
全てを見抜く瞳
距離修正などを1/10とし、暗視、赤外線視野、広域視野の能力を持ち合わせている。

《魔導神》30CP
魔法の才に愛されたもの
疲労を1点軽減するか、準備時間を1/2にすることができる。
魔法の素質Lv4と重複する